MENU
おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

髪をキレイにする6つの仕方!美容師が教える正しいシャンプー法

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

きしです。「1から学ぶ美髪つくりの方法(シャンプー編)」の11回目の記事になります。

今まででは、シャンプーの必要性や知識などをお伝えしてきましたが、今回の記事からは、実際にシャンプーをする上でのテクニック内容について書きます。

どんなに良いシャンプーを使ったとしても、方法を間違えると効果を最大限に活かすことはできません。髪をキレイにするためのシャンプー法についてお話していきます。

この記事のポイント
  1. シャンプーの正しい方法
  2. それぞれのテクニックポイント

家でするシャンプーも美容室のように、髪がキレイになれば、その時間はとても有意義な時間にもなりますし、あなたにとってのリラックスタイムになります。

しかし、

自分でしても、美容室のようにキレイにならないんですよね…

というお悩みもよくあります、やはりただシャンプーするだけでは中々上手くはいきません。

そんな毎日するシャンプーもやり方が間違えば髪にも大きな負担がかかります。

そこで当記事では、教える美容室のように髪をキレイにするシャンプーのコツを分かりやすくお話していきます。

今回の記事で分かること
  • 自宅でのシャンプーの方法
  • 髪をキレイにする仕方
  • 美容師的アドバイス

美容室でするような気持ち良いシャンプーの方法も別記事に作っています。参考になれば嬉しいです。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

自宅でする正しいシャンプーのやり方

髪をキレイにする方法6選|教える自宅で今すぐできる正しいシャンプーの方法
きし

良いシャンプーを使うだけでなく、シャンプーの正しい仕方も重要になります。

ひろせ

少しでも工夫してキレイな髪つくる努力をしましょう。

まずは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

シャンプーの目的

  • 「汚れをおとす」
  • 「キレイにする」
  • 「スッキリする」
  • 「リラックスする」

このように、さまざまな目的があると思います。

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということを重点にお伝えしますので、自分の目的に合う人は読み進めてください。

髪をキレイにするシャンプーには、重要なポイントがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

それを意識していけば必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

そのポイントをおさえつつ、6つのテクニカルな話します。

6つの工夫
  • お風呂前のブラッシング
  • シャンプー前のお湯すすぎ
  • 泡立て
  • 予洗い
  • 洗い方
  • トリートメント

これらのことを工夫していきましょう。

それぞれを具体的にお話します。

お風呂前には髪をブラッシングしましょう

意外にできていないのが、お風呂に入る前の「ブラッシング」です。

ブラッシングなんて必要なの?

と思う人も多いかと思いますが、実はとても重要になるのが、お風呂前のブラッシングです。

ブラッシングをしてあげることで、シャンプー前の汚れを軽くとってくれるだけでなく、髪と髪の摩擦を減らしてくれる効果もあります。

なので、お風呂前には髪をキレイにブラッシングしてあげましょう。

正しいブラッシングとは?
  • 髪を、根元から毛先にかけて優しく、ブラシを通してまっすぐに髪をといてあげましょう。
  • ブラシは粗いもの髪に負担のないものを使いましょう。

お風呂前には必ずブラッシングを優しくします。

ブラッシングをすることにより、髪についている汚れがとれるだけでなく、髪の絡まりなども一緒にとることにより髪のすすぎやすさも、変わります。

シャンプー前の「お湯すすぎ」は大切

きし

ブラッシングで髪をキレイにした後は、髪のすすぎを丁寧にしてあげましょう。

髪のすすぎはシャンプーの土台になり、しっかりとすすぐことにより泡立ちはよくなります。

シャンプーをする時のシャンプーの泡立ちの良さというのは、「シャンプーの量+ 水分の量+空気との摩擦」によって変わります。

お湯すすぎの手順に
  • 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  • 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  • 時間的には2〜3分程度
  • 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。

お湯のすすぎも、丁寧にしてあげましょう。

シャンプーは泡立が大切です

きし

シャンプーの泡立てはとても大切になります。

泡立てがしっかりしていれば、シャンプー中の髪の指通りがよくなり、髪への負担が軽減されます。

ポイント
  • シャンプー剤は手のひらで泡だててから髪につける
  • 一気に出しすぎない

多くの人は、シャンプーをするときには、何も考えずに洗髪をしてしまいますが、髪というのはとても繊細でデリケートです。

たとえば、髪に直接シャンプーをつけてしまうことによって、泡立てをする摩擦によって髪には負担になってしまいます。

シャンプーの泡立てをするときには、手の上にシャンプーが溢れない程度(100円玉量程度)を、手の上で円を描くようにして優しく、しっかりと泡立をしてから髪につけるようにしましょう。

シャンプーは「予洗い」が効果的

きし

シャンプーする前には、予洗いが大切になります。

予洗いとは、シャンプーする時の半分以下程度の量でいいので、軽く優しく洗ってあげる。頭皮の皮脂や、髪についたほこりなどをキレイにしてあげることのことを言います。

予洗いの手順
  1. 半プッシュほど軽めのシャンプー
  2. 手のひらで泡立てる
  3. 髪は指を通す程度
  4. 頭皮はもみ洗い

洗顔で、例えるところのクレンジング効果のあるものだと考えると良いです。

洗髪をする前に事前に余分なものを取り除くために、30秒ほどの軽めのシャンプーをしましょう。

シャンプーをする時は頭皮をメインに洗いましょう

きし

実は、髪についている汚れなどは、あまりシャンプーは必要なくて、シャワーだけでとれてしまうのです。

シャンプーがもっとも必要になるのが、頭皮の汚れなのです

頭皮をメインにシャンプーで洗って、髪は手ぐしを通す程度でも十分にキレイに洗えているのです。

しかし、頭皮の皮脂がきちんと洗えていないことにより皮脂は酸化し過酸化脂質となります。これが頭皮の臭いの原因や、症状を放置していると、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

ポイント
  • 手のひらで泡立てる
  • 髪は指を通す程度
  • 頭皮はもみ洗い、こすり洗い
  • 耳周りや首周りをよく洗いましょう

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は指の腹の部分で洗う

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと傷がついてしまって、さらに炎症をおこす恐れもあるので、指のはらの部分で洗うように心がけましょう。

頭皮も髪と同じく、とても繊細でデリケートになっていますので、優しく丁寧なシャンプーを心がけましょう。

トリートメントは手グシでキレイに

きし

シャンプーにより、髪はさらに繊細になっています。

水分により髪のキューティクルは開き、髪のすべりが悪くなるために摩擦がおきやすいので、トリートメントでキレイにしていきましょう。

トリートメントの手順
  • 適量をとり髪からつける
  • もみ込み髪の中に水分をいれこむ
  • 手に残った水分を地肌にもつけてあげる

最後に、トリートメントをする時は、頭皮ふきんの髪から毛先にかけて、手ぐしを通すようにしてトリートメントをつけましょう。

さらに、両手のひらで優しく間に挟み、すべらすようにして整えてあげるのも効果的です。

目次に戻る

あとがき

きし

シャンプーの正しい方法はけっこう簡単なことばかりなのです。

ひろせ

できるだけ優しくていねいにシャンプーをしてあがることでキレイになっていきますよ。

とくに、髪をキレイにする・髪を傷めたくない・という人にとって正しいシャンプー法になります。

どれもがすぐできることなのでチャレンジしてみてくださいね。

やり方をマスターしたら、シャンプー自体を変えてあげることで、髪や地肌への負担もへります。

シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。こんな感じで以上。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次